マンスリーマンションの利用のメリット

宿泊施設はいろいろありますが、長期の宿泊で便利な宿泊施設がマンスリーマンションです。

用途としてはビジネス関係だと長期の出張や研修などの利用できます。とくに都会への出張の場合には、交通に便利な場所にあるマンスリーマンションを借りることで、宿泊施設兼事務所としても利用できます。

出張先の基地として利用できるわけです。そのほかの利用の方法としては受験などで予備校などを利用する場合や試験の場所の近くを借りるということもできます。

また、都市部には高度な医療ができる病院などもあるので、家族の入院の看護のために、病院に通うということで利用することもできます。短期化案の場合にはホテルなどを利用すればよいのですが、中長期ということになると単なる宿泊ではなく、生活の場が必要になるのでマンスリーマンションは、生活の道具もそろっているということやコストパフォーマンスも良いということで最適な中長期の宿泊の場ということになります。

インターネットで探す場合は、マンスリーマンション24時のようるサイトで条件を絞り込んで探すことができますし、専門サイトで条件を絞って探すこともできますので、中長期の宿泊ではインターネットで探してみると最適な場所が見つかります。

ビジネスホテルとウィークリーマンションが融合した建物に3週間滞在してみた

長崎市内にウィークリー・マンスリー、どちらとしても借りることの出来るホテルがありました。そこを3週間借りたのですがそこでの暮らしについて今回はお話します。部屋は一般的なホテルなので、ダブルベッドがあり、テレビ、wifi、トイレ、風呂がついています。キッチンは同じ階に共用のIHのものがあり、簡単な調理ができるように塩・胡椒のみ設置され、IH対応の鍋もいくつか用意されていました。冷蔵庫は自分の部屋にあるので、共用のキッチンにある家電製品は電子レンジが2台ありました。清掃員が毎日入ってくれますが、生ゴミは基本的に自分で処理することになっており、綺麗に管理をしていないと注意されます。洗濯も滞在していた階ではありませんが、その下の階に設置されていました。これはもちろん別料金。正直こういう環境で暮らしてみて、自炊をしながら暮らすには結構大変だと感じました。外食が多い人にはただ寝るだけになるので問題なく暮らせますが、そこをしっかりした拠点にして家のように暮らそうと思うと大変なことはまちがいないです。そういう意味ではホテルでやっているウィークリーではなく、キッチンも部屋の中に設置されたようなところを探すのがおすすめです